トップ

営業電話の断り方

秘書代行サービスで営業電話にも対応

営業電話の断り方は秘書代行に任せる

会社を興してまだ数年、40代ながらも業界ではまだまだ若手扱いされてしまう。最近やっと、自分の机の椅子を温めることができるようになった。営業も配達もすべて自分一人でこなしていた立ち上げ当初からやっと社員数名を雇える立場になることができた。小さな会社だけれど、自分の好きな仕事を追求したいと集まった精鋭ばかりだ。

しかし、近頃事務所にいるときになることが一つある。それがいわゆる営業電話の増加だ。社員がせっかく集中して仕事をしていたのに集中力がとぎれてイライラしているのが見ている自分にも伝わってくる。ましてや、自分の会社に必要のない営業電話だとわかっているので余計にイライラしてしまうのだろう。社長の自分だって原田正しい気分だ。せっかくうちの優秀なスタッフが、数百万クラスの案件をこなしている最中に、関係のない営業電話の対応に割く時間はない。彼がこの案件で稼ぐ金額を考えれば、くだらない電話にとられた時間がもったいない。

やっぱり事務員を雇った方がいいのだろうか。社員に悪気はなくても、イライラした気分のまま電話で断ろうとすると相手に伝わり、下手すると会社の名に傷がついてしまう。だが、事務員を雇ったところで、それほど事務仕事があるわけでもないので、任せる仕事量に比べて人件費がかかりすぎる。また、ある程度は教育もしなければならないがそんな暇がある人間は一人もいない。何か良い方法はないだろうかと考えあぐねていると、この間の異業種交流会でもらった名刺のことを思い出した。確か、秘書代行会社をしているといっていなかったか?そう、あのとき、はじめて秘書代行サービスというものを知った。

PR:おすすめ秘書代行


■秘書代行サービスのメリット
電話に邪魔されなくて済む
目の前の業務に集中できる、集中を途切れさせずに済む。

時間の有効活用がはかれる
営業電話であっても、礼儀正しく対応しようとすれば、それなりに時間は取られる。断るにも一苦労で時間の浪費。オペレータが対応してくれれば、今まで電話対応に使っていた時間をほかの業務に回すことができる。

コストの削減
電話番だけに人を雇う余裕はない。なるべくコストをかけずに電話対応のみ任せることができ、かつプロのクオリティが期待できるのでその意味でもコスト削減につながる。

プロの対応でイメージアップ
繁忙期など、大事な顧客からの電話を剃れとは知らずについイライラした対応をしてしまった、という失敗がなくなる。安定したプロの電話対応により、電話をかけてきた顧客に「いつでも誰かがいる。そして丁寧に用件を聞いてもらえる」という安心感を与えることができ、会社のイメージアップにつながる。

ビジネスチャンスを逃さない
時々、社内の人間全員が外出しなければいけない場合がある。オフィス宛の電話は携帯電話に転送するようにしているが、出られないことも多々あった。取り逃した案件があったのではないかと気が気ではない。オペレーターが必ず対応してくれれば、ビジネスチャンスを逃さずにすむ。

■秘書代行サービスの活用法
やっかいな営業電話を事務的に処理してもらえる。 社員に受け継ぐことなくその場で断ってもらえる。
営業電話の一次切り分けに利用できる。不要な業者の場合は、迷惑リストに登録して, その後の電話をブロックすることもできる。

後でトラブルが起きない営業電話の断り方は秘書代行サービスに任せることにしよう。私も社員もこれで一つストレスを減らせることができるだろう。このような理由から、私は事務員を雇うのではなく秘書代行サービスを選んだ。

Copyright © 秘書代行サービスで営業電話にも対応 All rights reserved